古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

キナシ、捕わる

 

f:id:karibatakurou:20200526154506j:plain

 

キナシはオオマエコマエの屋敷に逃げ込み、武具を用意し兵を集めた。

 

朝廷に残ったアナホは、先制すべく軍を招集し、キナシが立てこもるオオマエコマエの屋敷に進軍して行った。

 

空が崩れ、大雨が降り出す。まるで凍てつくように冷たい雨だった。

アナホが率いる軍はオオマエコマエの屋敷を取り囲んだ。

 

その時、降りしきる大雨の中、屋敷の主人のオオマエコマエが両手をあげながら出てきた。そしてアナホのもとに来て言うには

 

「我が大君(おおきみ)である天の御子よ!兄君に対して刃を向けてはなりません。そのようなことがあると後世の人の笑いものになってしまいます。

わたくしがキナシさまを捕らえて差し出しましょう」

 

そこでアナホは軍を退却させた。

 

一刻後、オオマエコマエの説得に応じたキナシは、アナホのもとにオオマエコマエに連れられてきた。

 

キナシはオオマエコマエの屋敷を出るとき

 

「天を飛ぶカルの乙女よ・・お前が泣いているのが聞こえるよ・・しっかり寝てから行くんだよ・・」

と、あてもない空に向かってつぶやいたという。

 

前<<<  兄妹の恋 - 古事記の話

次>>>  流罪となるキナシ - 古事記の話



古事記上巻 日本神話 目次
古事記中巻 神武天皇~応神天皇 目次
古事記下巻 仁徳天皇~推古天皇 目次



≪リンク≫
 
カリバ旅行記
温泉の話
駅弁の話
古事記ゆかりの地を訪ねて