古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

流罪となるキナシ

 

f:id:karibatakurou:20200526154506j:plain

 

キナシは弟のアナホに捕らえらえれた。

 

皇太子にかかわらず、同母の妹と情を通じた挙句、朝廷を飛び出し挙兵の準備をしていたのである。その罪は軽くはない。

 

キナシの皇太子の地位は剥奪された。キナシは伊予の湯に流刑が決まった。

 

キナシを乗せた船は、闇夜に紛れて出港することになった。世間の注目を集めた事件であるだけに、日中だと野次馬が集まって混乱しかねない。

 

その日、キナシは自分が乗り込む舟を目の前にして

 

「空飛ぶ鳥よ・・カルに伝えてくれ・・

わたしはいつか、帰ってくるぞ・・それまで私の座る敷物はそのままにしておいてくれ・・妻よ、私の無事を祈ってくれ・・」

涙を流しながら言った。

 

キナシは桟橋から板を渡って船に乗りこむ。

その時だった・・

 

「お兄様~」

 

懐かしい声が響く。妻であり妹であるカルだ。キナシは振り返る。

しかし電気もない時代、暗闇で何も見えない。

声だけが響く。

 

「カル!カルなのか!」

「お兄様・・闇夜に海辺を歩くと、貝殻を踏んであぶのうございます。明るい昼間にお立ちになったらいいものを・・」

 

・・・しかしそれ以上の会話は許されなかった。キナシは衛士に急き立てられ船に乗りこみ、あわただしく出港した。

 

「お兄様~」

 

闇夜にカルの声が響いた。

 

前<<<  キナシ、捕わる - 古事記の話

次>>>  兄妹愛の結末 - 古事記の話



古事記上巻 日本神話 目次
古事記中巻 神武天皇~応神天皇 目次
古事記下巻 仁徳天皇~推古天皇 目次

 

 

☆伊予の湯 

 

 

f:id:karibatakurou:20200526154506j:plain

 (道後温泉本館

 

道後温泉のこととされています。

古事記万葉集伊予国風土記などにも記載がある古い温泉として知られています。

 

karibaryokouki.hatenablog.com

 

 ≪リンク≫
 
カリバ旅行記
温泉の話
駅弁の話
古事記ゆかりの地を訪ねて