古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

兄妹愛の結末

f:id:karibatakurou:20200526154506j:plain

 

キナシは伊予の湯に流刑となった。

 

そこは当時から温泉地として知られてはいたものの、都から遠く離れた寂しい地であった。

 

そこでキナシは虚しい日々を送っていた。

カルは流刑こそ免れたものの、大和のとある豪族の家に軟禁されていた。

 

キナシはその日も伊予の海岸に立って、海を見つめていた。妻であり妹であるカル・・・この海はカルがいる都につながっている・・・会いたい・・・思いは募る。

 

その時だった

 

「キナシさま・・・」

 

忘れもしないその声・・キナシは一瞬、幻聴が聞こえたかと思った。しかし振り向くと・・そこにいたのはカルだった。

 

「カル・・・カルなのか!どうしてここに!」

「ああ、キナシ様・・あなたがお出かけになってから、もう長い時が経ちました・・お帰りを待ちきれず、お迎えに来てしまいました・・」

「ああ、カル・・・玉よりも大事な妹、鏡よりも大事な妻よ・・・もう離れることは無い、私たちはいつまでも一緒だ!」

「さあ、行きましょう・・都から追手が来ないうちに・・」

 

そして二人は自害して果てたという。

 

前<<<  流罪となるキナシ - 古事記の話

次>>>  讒言で殺されるオオクサカ - 古事記の話



古事記上巻 日本神話 目次
古事記中巻 神武天皇~応神天皇 目次
古事記下巻 仁徳天皇~推古天皇 目次

 

 

東宮山古墳(四国中央市

 

伊予に流されたキナシの墓と伝えられています。

 

karibaryokouki.hatenablog.com

 

 ≪リンク≫
 
カリバ旅行記
温泉の話
駅弁の話
古事記ゆかりの地を訪ねて