古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

兄妹の恋

 

f:id:karibatakurou:20200526154506j:plain

 

19代允恭天皇崩御された。次の皇太子には允恭天皇の御子のキナシが指名されていた。

 

しかしそのキナシは、同母の妹カルと情を通じ合っていた。

カルはその美しさが衣を通り抜けて光って見えるようだというので、ソトオリのみこ(衣通王)とも呼ばれていた。

 

しかしいかに古代と言えども、同母の兄妹で愛し合うことは許されないことだった。

この不倫の愛は、允恭天応の崩御後に近習一同の知ることとなった。皇太子の不倫のうわさはたちまち天下に知れ渡った。

 

朝廷の重臣たちも市井の民たちも、キナシよりもアナホのほうが次の皇位を継ぐべきと考えるようになった。

アナホも允恭天皇の御子でキナシの同母弟である。キナシには4人の同母弟がいたが、中でも一番聡明と評されているのがアナホだった。

 

こうした朝廷の雰囲気にキナシは身の危険を感じるようになった。

そして宮廷を抜けだし、家臣のオオマエコマエの家に逃げ込んだのである。そしてそこで皇軍の追撃を恐れ、武具を用意し兵を集めたのだった。

 

前<<<  允恭天皇 - 古事記の話

次>>>  キナシ、捕わる - 古事記の話



古事記上巻 日本神話 目次
古事記中巻 神武天皇~応神天皇 目次
古事記下巻 仁徳天皇~推古天皇 目次

 

 

☆近親婚

 

古代日本の支配階層においては、異母きょうだいの結婚は認められていました。同母きょうだいの結婚はタブーとされていました。

 

世界を見回してみますと、各地で近親婚は行われてきました。エジプトの王家では数百年にわたり親子きょうだい間での婚姻が繰り返されてきたと云います。

 

≪リンク≫
 
カリバ旅行記
温泉の話
駅弁の話
古事記ゆかりの地を訪ねて