古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

見るなと言われて

f:id:karibatakurou:20190919054908j:plain

 

にわかにトヨタマヒメに陣痛が襲ってきた。

 

産屋はまだ完成していない。だが、もう生まれる!・・・

トヨタマヒメは、まだ屋根を葺き終えていない産屋の中に入った。その間際、ホオリに言った。

 

「子供を産むとき、もともと本来の姿に戻って産むのが昔からの習わしです。わたくしも海の女神として、元の姿に戻って産もうと思います。ホオリさま、どうか子を産む私の姿を見ないでください。あんな恥ずかしい姿、とても愛する夫には見せられませんので・・・お願いします」

そういってトヨタマヒメは産屋に入ると戸をしめた。

 

え・・・

 

どういう意味だ・・・

 

そもそも海神の娘の本来の姿って・・・なんだ・・・

 

ホオリはトヨタマビメに言われたことが、気になって仕方がなかった。

もうどうにも抑えきれない衝動がホオリの心を支配していた。

 

そして、そっと産屋に近づくくと、まだ不生き終えていない屋根の隙間から中をのぞいてみた。

 

そこでホオリが見たものは!・・・

 

前<<<  トヨタマヒメ、みごもる - 古事記の話

次>>>

 

古事記の話 目次  

 

 

 ☆見るなと言われて・・・

 

見てしまうお話。昔話の定番パターンですね。

鶴の恩返し、ギリシア神話オルフェウス黄泉の国に行ったイザナギ ・・・

 

さて、ホオリが見たものは何だったのでしょうか。

 

 ≪リンク≫
 
カリバ旅行記
温泉の話
駅弁の話