古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

5人の男神が生まれた

オモイカネの自伝 8

 

f:id:karibatakurou:20210519101110j:plain

 

次にスサノオの大神が仰せになりました。

「姉上、わたしは姉上が身に着けている、その勾玉をもらいましょう」

 

アマテラス大御神は黙って、左のみずら、右のみずら、髪を結んで入るカズラ、右の手、左の手から勾玉を外し、あわせて5個の勾玉をスサノオの大神にお渡しになりました。

するとスサノオの大神も、天真名井(あめのまない)から湧き出る神聖な水で勾玉を清めました。そしてそれを口の中に入れてかみ砕きました。

 

それをふーっと口の中から吐き出したのです。またもやその息は周囲に広がり、辺りは乳白色の霧に包まれました。

 

そして、霧が晴れてくると・・・

 

そこには立派な5人の男神が立っていました。

5人の名はオシホミミ、ホヒ、アマツヒコネイクツヒコネクマノクスビと申されました。

 

なんとも不思議なこの光景に、周りで見守っているわれわれ八百万の神は、事の成り行きについていけずにみなぼーっとしていました。まるで夢でも見ているような心地でした。

 

するとその感覚のなか、アマテラス大御神の凛とした声が貫いたのです。

 

「最初に生まれた3人の女神は、スサノオの持ち物から生まれたのでスサノオの子です。次に生まれた5人の男神は、私の持ち物から生まれたのでわたしの子です」

 

これを聞いたスサノオの大神は、勝ち誇ったように仰せになりました

 

「ほらごらんなさい、姉上! わたしの心が清く正しいことが証明されました!その証拠に、生まれた子は美しくか弱い女神だったではありませんか!!」

 

前<<<  三人の女神が生まれる - 古事記の話

次>>>

 

オモイカネの自伝 目次

 

 

☆5人の男神

 

アマテラスの子である5人の男神。このうち長男のオシホミミが皇室の祖先になりました。

また、次男のホヒは出雲国造の祖先になっています。

 


≪リンク≫
 
小説古事記

古事記ゆかりの地を訪ねて
カリバ旅行記
温泉の話
駅弁の話
鉄道唱歌の話