古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

応神天皇

仁徳天皇の即位

反逆者オオヤマモリを誅殺した皇太子ウヂノワキ。そしてウヂノワキは応神天皇の後を継いで天皇に即位した・・ ・・訳ではなかった。 ウヂノワキは、次の皇位はオオサザキが継ぐべきだと言って、天皇の座を辞退したのである。 ウヂノワキは言う 「私は弟です…

オオヤマモリの最期

皇太子ウヂノワキを暗殺するため、渡し舟に乗ったオオヤマモリ。船頭は何も言わず、船を漕ぎ出した。 秋の心地よい日差しの中、渡し舟は進む。 川の真ん中に来たとき、オオヤマモリは船頭に語りかけた 「おい、船頭!この山には大きなイノシシがいると聞く。…

オオヤマモリ、皇太子のもとへ

オオヤマモリ反逆の情報をオオサザキから聞いた、皇太子ウヂノワキ。策略をもってオオヤマモリを迎え撃つことにした。山へ紅葉狩りに行幸するという偽の情報を流したのである。 さて、その当日。宇治川のほとり、川の向かい岸の山には絹の幕を張り巡らして、…

オオヤマモリの反逆

さて、はや十数年の時が経ち、天皇は崩御された。 天皇は皇太子として末子のウヂノワキを指名していた。ウヂノワキはそのころ、りりしい少年に成長していた。 天皇の御子のうち、オオサザキは父の言葉に従って次代の皇位はウヂノワキとするつもりでいた。 し…

皇太子は誰だ?

こうして天皇とヤカハエヒメとの間に生まれた御子、ウヂノワキ。天皇は幼い御子を特にかわいがっていた。そして将来の皇位はウヂノワキに継がせたいと思うようになっていった。 ある日、天皇は御子のオオヤマモリとオオサザキを呼びだした。そして二人に 「…

天皇、また后を迎える

ある日、天皇は山城の国に巡行に出ていた。そして木幡村に来たときのことだった。 そこにとても美しい少女が歩いていた。天皇はその少女を見るなり、ぜひ自分の后にしたいと思った。 思えば、息子のオオサザキに迎えに行くよう命じたカミナガヒメは、願いか…

香ぐわし花橘

新嘗祭の宴席上、カミナガヒメを皆に紹介した天皇。その場にいたものは、天皇が新しい后を紹介したものと思っていた。 カミナガヒメは天皇のもとに進む。すると、天皇はカミナガヒメに柏の葉で作った杯を持たせ、酒を注いだ。柏の葉は神聖なものとされ、柏の…

そして、建内宿祢は・・・

建内宿祢(たけうちのすくね)は、突然訪ねてきたオオサザキとカミナガヒメを見て言った。 「おや、オオサザキ様、どうなさいました?それにそちらの娘さんは?」 「いや、タケウチ!実はそのことで、お願いがあるんだ・・」 オオサザキは一旦カミナガヒメを…

オオサザキは建内宿祢に・・

天皇はある日、日向に住むカミナガヒメが、とても美しいという話をきいた。そこで天皇はカミナガヒメを自分の后として迎えるべく、大和に召し出した。 カミナガヒメは船で瀬戸内海を上り、難波の津についた。 天皇は自分の息子のオオサザキを呼び出した。そ…

石も逃げた

天皇は酒をとても好んでいた。 何しろ、幼少の折、建内宿祢に連れられた禊の旅から大和に帰還した時、母の神功皇后から神酒の歓迎を受けたのだ。成長してからは、何かにつけて酒を楽しんだ。 といっても別に酒癖が悪いわけでもなかった。酔っては明るく歌い…

応神天皇の外交

仲哀天皇の遺児であるホムダワケ、母の神功皇后の尽力もあり皇位を継ぐことになった。第15代の応神天皇である。 天皇の御代、母の皇后が征服した新羅から、土木技術者が日本にわたってきた。そこで天皇は建内宿祢に命じてこの技術者たちに灌漑用の百済池を造…