古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

スミノエの反乱

允恭天皇

第18代反正天皇が崩御された後、反正天皇の同母弟のオアサマツマが次代の天皇に推挙された。 オアサマツマは「自分は病気がちで身体が弱い。とても皇位を受け継ぐことはできない」と辞退した。 しかし皇后や重臣たちの強い願いによって皇位を継ぐことにした…

ミズハワケ、天皇に会える

反逆者スミノエを策略を用いて誅殺し、実際にその手を下したソバカリを自ら斬ったミズハワケ。天皇がいる大和に上ってきた。 大和に入ってミズハワケは 「今日はここにとどまって禊をしよう。そして明日、陛下が滞在されている石上神宮に参詣しよう」 と言っ…

ミズハワケの信義

ミズハワケはソバカリを率いて大和へ戻っていた。 その道々、ミズハワケは考えていた。 ソバカリは私にとっては大きな功績があった。 しかし自分の主君を殺した。これは義に反することである。こんな奴を臣下にすると、将来自分に何されるかわからない。 一…

スミノエ殺害を命じる

石上神宮に逃げてきた天皇に会いに行くも、反逆者のスミノエのように謀反の心を持っているのでないかと疑われたミズハワケ。謀反の心なければスミノエを誅殺しろ、と天皇にいわれ、難波に戻ってきた。 さて、スミノエを誅殺しろといっても、単身どうするか。…

天皇に会えないミズハワケ

弟のスミノエの謀反で難波の宮を焼かれ、臣下のアチに助けられて大和の石上神宮(いそのかみじんぐう)まで逃げてきた天皇。 石上神宮に滞在している天皇のもとに、ミズハワケが訪ねてきた。天皇の同母弟である。 ミズハワケは身長九尺二寸半(約185cm)の堂…

当岐麻道を行く

スミノエの謀反で難波宮に火を放たれ、危うく殺されるところだった天皇。臣下のアチの機転により助けられ、大和を目指して逃避行を行っていた。 天皇とアチの二人は、波邇布坂(はにうざか)まで来た。後ろを振り返ると、難波宮は猛火に包まれ、辺りは赤々と…

弟が謀反を・・

宮中で酔いつぶれて寝てしまった天皇。しかし目を覚ますと、真っ暗な山奥だった。そばにいた男は、自分は臣下のアチでここは丹比野(たじひの)だと答えた。 「ア・・・アチか。一体これは、どうしたというのだ」 「はい、陛下・・実は弟君のスミノエさまが…

酒に酔って、目を覚ますと・・

仁徳天皇の崩御後は、御子のイザホワケが皇位を継いだ。第17代の履中天皇である。 さて、天皇が即位して間もないころのことである。難波の宮では、天皇により即位後初の大嘗祭が執り行われた。それも無事に済み、宮中では恒例の饗宴が行われていた。 そして…