古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

キナシとカル

兄妹愛の結末

キナシは伊予の湯に流刑となった。 そこは当時から温泉地として知られてはいたものの、都から遠く離れた寂しい地であった。 そこでキナシは虚しい日々を送っていた。 カルは流刑こそ免れたものの、大和のとある豪族の家に軟禁されていた。 キナシはその日も…

流罪となるキナシ

キナシは弟のアナホに捕らえらえれた。 皇太子にかかわらず、同母の妹と情を通じた挙句、朝廷を飛び出し挙兵の準備をしていたのである。その罪は軽くはない。 キナシの皇太子の地位は剥奪された。キナシは伊予の湯に流刑が決まった。 キナシを乗せた船は、闇…

キナシ、捕わる

キナシはオオマエコマエの屋敷に逃げ込み、武具を用意し兵を集めた。 朝廷に残ったアナホは、先制すべく軍を招集し、キナシが立てこもるオオマエコマエの屋敷に進軍して行った。 空が崩れ、大雨が降り出す。まるで凍てつくように冷たい雨だった。 アナホが率…

兄妹の恋

19代允恭天皇が崩御された。次の皇太子には允恭天皇の御子のキナシが指名されていた。 しかしそのキナシは、同母の妹カルと情を通じ合っていた。 カルはその美しさが衣を通り抜けて光って見えるようだというので、ソトオリのみこ(衣通王)とも呼ばれていた…