古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

オオハツセの策動

逃げた御子たち

オシハは次の皇位を狙うオオハツセに殺された。 オシハには二人の男の子がいた。兄の名はオケ、弟の名はヲケと言った。 オオハツセにとってはこの二人も邪魔だった。自分は父親を殺された仇でもあるし、将来の政敵となる可能性も高い。邪魔な芽は早いうちに…

オシハ、殺される

オオハツセとオシハは連れ立って淡海の久多綿の蚊屋野に狩猟に来ていた。その野に着いた夜、二人は別々に仮宮を作って宿泊した。 さて翌朝、まだ暗い時分、オシハは馬に乗って出立した。そしてオオハツセの泊まる仮宮に着くと、大声で 「オオハツセ様~まだ…

オシハを誘い出す

オオハツセはマヨワをかくまったツブラの屋敷を取り囲み、二人を自害に追い込んだ。こうしてマヨワの変は終わりを遂げた。 オオハツセはマヨワの鎮圧に自ら先頭に立って軍を指揮し、名声を上げた。次の天皇はオオハツセだという声が日増しに強くなっていった…

マヨワとツブラ、自決する

「オオハツセ様、先にお約束いたしました私の娘カラヒメは、オオハツセ様のもとにお仕えいたします。また娘には、私が持つ五か所の田地もすべて副えて献上いたします」 ツブラはオオハツセに向かって静かに言った。 オオハツセは答える 「そうか、わかった。…

攻めるオオハツセ

「なに・・・マヨワはツブラの屋敷に居るだと・・」 兄クロヒコとシロヒコを殺し、宮に戻ったオオハツセ。捜索隊から報告を受けたオオハツセは、顔を曇らせて言った。 実はツブラの娘、カラヒメをオオハツセの嫁として迎え入れることが決まっていたのだ。 し…

殺される兄

さて、天皇がマヨワにより殺された翌朝。当然のことながら、宮中は大騒ぎとなった。 急を聞いて天皇の同母弟、オオハツセが駆けつけてきた。この非常事態にオオハツセは 「今後の指揮はわたしがとる!」 と宣言すると、直ちにマヨワの捜索を命じた。 既にマ…

その時、マヨワは・・

オオクサカを殺し、その妻ナガタを自分の皇后にしてしまった天皇。 オオクサカとナガタの間には、幼い男の子がいた。名をマヨワと言った。マヨワは皇后となったナガタが引き取って育てていた。 それから数年、マヨワは7歳になっていた。遊びたい盛りのやんち…

讒言で殺されるオオクサカ

皇太子のキナシは伊予の国に流され、自害した。 キナシに変わって皇位を継いだのは、キナシを捕らえて処罰した、同母弟のアナホであった。第20代の安康天皇である。 さて、アナホは同母弟のオオハツセのために、彼の嫁として、オオクサカの娘ワカクサカを召…