古事記の話

古事記を小説風に書き直してみました

オオアナムヂと白うさぎの神話

木の国から根の国へ

ここは木の国。オオアナムヂはオオヤビコの屋敷に滞在していた。まさか、ここまで異母兄たちが出雲の国から追ってくることは無いだろう。オオヤビコもオオアナムヂもすっかり安心していた。 しかし、それは甘かった。異母兄たちの執念深さは半端なかったのだ…

オオヤビコのもとへ

状況を理解したオオアナムヂは、母神に言った。 「お母様、また助けてもらったのですね。ありがとうございます」 母神は心配そうに言う。 「オオアナムヂ、無事でよかった。でも、このままだといずれ、異母兄たちに殺されてしまうわね・・・このまま、お逃げ…

母神、また助ける

オオアナムヂが生き返ったということを聞き、異母兄たちは驚愕した。 「おい、オオアナムヂが生き返ったそうだぞ!」 「なんでも、オオアナムヂの母親が高天原のカミムスビ様に泣きついて生き返らしたそうだ」 「だけど、これはやばいぞ」 「ああ、オオアナ…

オオアナムヂ、生き返る

オオナムチの母・サシクニワカヒメは、出雲の国でオオアナムヂが死んだという悲報を聞いた。母神は居ても立ってもいられず、いそいでオオアナムヂを探しに出かけた。そして、伯耆の国で全身に熱傷を負い、大岩に潰されて無残に殺されたオオアナムヂを見つけ…

オオアナムヂ、死す

オオアナムヂの異母兄たちははかりごとをした。よからぬはかりごとである。もちろん、オオアナムヂを陥れようとする策略を練ったのである。 そして、オオアナムヂを誘い出す。 「おい、オオアナムヂ!」 「あれ?兄さん、どうしたんですか?こんな朝早くから…

異母兄たちの求婚

こちらは因幡の国。 オオアナムヂの異母兄たちは、先を争うようにしてヤガミヒメに求婚した。 しかし、うさぎの言う通り成功しない。 その異母兄たちの一人がヤガミヒメに聞いた。 「姫様、なぜ我々の誰とも結婚しないのですか。我々はみんな、英雄スサノオ…

うさぎ、予言する

オオアナムヂは元に戻ったうさぎを見て、笑顔で言った 「良かったね、きれいにけがは治ったよ」 「ありがとうございました。あのう・・・ところであなた様、もしかして、オオアナムヂさまではありませんか?」 「え?そうだけど、うさぎくん。どうして知って…

白うさぎに戻る

話を聞いたオオアナムヂは、ふうーとため息を漏らした。 「その神というのは、先に通ったぼくの兄さんたちだよ。海を渡るためにわにをだまそうなんて、よくないことを考えたね。でも、わにたちも、皮ごとはいでしまうとはひどいもんだ。兄さんたちも、苦しん…

うさぎが泣いていた

こうしてオオアナムヂは一人とぼとぼと歩いていき、因幡の気多岬に来た時だった。ふとそこに泣き声が聞こえた。 オオアナムヂはその声がするほうにいってみた。そこには皮を剥がれて血だらけになったうさぎが泣いていた。 オオアナムヂはびっくりしていった …

オオアナムヂの登場

スサノオの活躍から数百年の時が過ぎた。 出雲から因幡へ続く海岸を、一人の神が歩いていた。大きな袋を担ぎ、とぼとぼと歩いていた。この神は名をオオアナムヂと言い、スサノオから数えて6代目の子孫であった。 オオアナムヂには大勢の異母兄がいた。 とこ…